医者

更年期障害の様々な症状に対処する~サクッと健康LIFE~

早期治療がお勧め

女性

小岩で糖尿病治療をしてくれる病院やクリニックを探す場合、できるだけ駅近くで探すことをお勧めします。遠方からでも通いやすくなるからです。また、地域柄、高齢者が多いこともあり、今後は通院する人が増えることが考えられます。

Read More...

脳神経疾患の治療

悩み

脳動脈瘤は小さなものであれば問題ないが、大きな動脈瘤の場合はくも膜下出血を引き起こし、死亡したり重い後遺症が残る場合がある。脳動脈瘤の治療は、脳神経外科で外科手術が行われる。外科手術には、頭部を開頭する方法と、カテーテルを使用する方法がある。

Read More...

自律神経失調は誤診に注意

病院

自律神経失調症は、誤診に注意する必要があります。特に心療内科で誤診された場合は、処方された薬が症状を悪化させることがあるので注意が必要です。自律神経失調症は医師に頼らずとも、生活習慣を見直し、ストレスを回避することで、自己治療することができます。

Read More...

様々な症状に対応する

Female

対症療法の重要性

更年期障害が発症した場合、頭痛や吐き気だけでなく眩暈や耳鳴りなど多様な症状が発症します。病院に行けばホルモン治療を受けて更年期障害の根本的な原因に立ち向かう事ができます、即座に効果が出るわけではありません。各々の症状には対処療法で立ち向かうようにしましょう。例えば更年期障害によって発生する頭痛は、血行を促進する事で解消できるとされています。温かなお風呂にゆっくり浸かったり、身体の凝り固まったポイントをカイロなどで温めるようにしましょう。頭痛薬などに頼る場合、更年期障害用の薬とあわせて多様な薬を服薬する事になりますので、人によっては避けたいところでしょう。また更年期障害を軽減したい場合、日常的にスフトレスを溜めないようにする事が大切です。

酷くさせない工夫

更年期障害は主にホルモンバランスが乱れる45歳くらいから発症する病です。全ての女性が通る道ではありますが、人によっては症状が軽度に発症する方も存在しているのです。更年期障害を悪化させたくない場合、早い段階からきちんとした食生活をとる事が大切だと言われています。一日三食適切な時間に食事をとるだけでなく、栄養バランスが整った食事を考えましょう。食事の中に女性ホルモンを整えてくれる大豆などを加える事も大切です。また日常的にきちんと運動して基礎体力をつけておく事が大切です。運動は人間の身体を健康にしてくれるだけでなくストレスを発散してくれますから、それだけ更年期障害を悪化させる要素が軽減されるのです。